ガラスの熱割れは冬に発生!窓ガラス近くのストーブやコンロが原因かも

ガラスが割れる原因

ガラスの熱割れの原因

ガラスは日光などにあたり温度が上がる事でガラスが劣化すると紹介しましたが、熱割れはまた違った原因で起こるガラス割れです。

「熱割れ」と聞くと真夏の日光がガラスにあたることで高温になり割れてしまうと想像してしまうかもしれませんが、熱割れが起こるシーズンは意外な冬なのです。

熱割れとは

熱割れとはガラスの温度差が生じてガラスが耐えられなくなり割れてしまう現象です。

なぜ冬に起こりやすいかと言うと、一晩寒い外気に晒されたガラスの温度は低くなりますが、日が出て日光がガラスに当たると急にガラスの温度が上がり温かくなります。

この時ガラスは中心部分だけが温かくなっていきます。するとガラスは温度差に耐えられずヒビが入り割れてしまうのです。

熱割れのヒビの入り方には特徴があり、ガラスの端から直角に1、2本まっすぐにヒビが入ります。物が当たった場合とはヒビの入り方が違う為、分かりやすいと思います。

割れたガラスを見て、まっすぐなヒビが入っていた場合は熱割れが原因であると思ってください。

熱割れの原因が日光とは限らない

熱割れは温度差によって生じる為、日光が原因でない場合もあります。

例えば、窓ガラスの近くでストーブや加湿器などを置いている、室外機の熱風がガラスに当たっている、キッチンのコンロからガラスが近い、トーストやオーブンをガラスの前に置いている、寒さを緩和させるためガラスに断熱シート付けているなど、熱を発するものがガラスの近くにあった場合は日光と同様熱割れを起こすことがあります。

日光が入らないのにガラスにまっすぐなヒビが入ったという方は、窓ガラスの近くに熱が出るものを置いていないか確認しましょう。

原因を考えずにガラスの交換をしてもまた熱割れを起こしてしまうこともある為、割れた原因を考えるのは大変重要です。

熱割れしたガラスを交換する時の注意

一度熱割れによりヒビが入ってしまった場合、ガラスの種類も確認をしてください。

一般的な透明ガラスではなく、ガラスの中に金属やワイヤーが入っているタイプのガラスの場合は、より熱割れを起こしやすい為、ガラスを交換するのであれば透明な防火ガラスをおすすめします。

ガラスは10年程経つと強度が弱まってきますので、古いガラスの場合も経年劣化が進んでおり、より熱割れを起こしやすい状態になっていることが多いです。

通常のガラスなら耐えられる温度であっても劣化しているとすぐに割れてしまいますので、古いガラスが割れてしまった時はすぐに新しいガラスに交換をしましょう。